社会福祉法人 青い鳥
社会福祉法人
青い鳥

社会福祉法人青い鳥
共に悩み、共に感動し、
共に認め合える法人を目指します。

ごあいさつGreeting

日本平学園は、障害福祉サービスを提供する事業所として、平成4年4月にスタートしました。

ここには毎日50名の障がいのある方が通っています。私たち職員は、利用者やそのご家族に安心、満足をしていただける支援やサービスを提供しています。

それを実現するために、20名余りの職員が毎日業務に汗を流し、障がいのある方に寄り添い向き合って仕事をしています。

私は職員に「達成感」のある仕事をしてもらい、やりがいや、働きがいのある職場として幸せを感じてくれるようにと願っています。利用者やそのご家族はもちろん、職員にとっても日本平学園が大切で特別な場所となるよう、その双方の調和を取りながら、共に生きていくという法人理念の下、事業所の発展、地域福祉に貢献できるように、今後も努力していきたいと考えています。

日本平学園 施設長 八木 克典

基本方針Basic policy

障害の程度にかかわらず個人の尊厳が保たれ、
住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるよう地域生活支援を推し進める。
利用者本人とその家族の思いや願いに寄り添い、
一人ひとりに納得してもらえる支援を行う。

支援目標Support objectives

施設紹介Facility introduction

日本平学園

設置目的
心身に障がいのある方達が、日常生活や運動、作業活動を通して自立、社会参加への意欲を培う場として設置されました。
  • 施設種別
    障がい福祉サービス事業所(多機能型)
  • 定員
    就労支援B型16名
    生活介護24名

日本平ホーム

設置目的
共同生活を通して利用者の自立生活や地域生活に必要なサポートを行い、また、保護者の介助負担軽減を目的として設置されました。
  • 施設種別
    共同生活援助(包括型)事業・短期入所事業
  • 定員
    グループホーム7名
    短期入所2名

トピックス